からだの青汁

燃焼系成分L-カルニチン配合

青汁はダイエットにいいといわれていますが、大半の青汁にはダイエット成分は配合されていません。
では、どうしてそれでいてダイエットにいいといわれているのでしょうか?
それは青汁を飲むことで食べ物の吸収スピードを抑え、糖質が脂肪に変わるのかを阻害する働きがあるからです。
また青汁に含まれているビタミン群が痩せやすい体質を作ってくれたり、食物繊維のパワーによって腸内環境を改善し、便秘を解消できるからというのもダイエットにいいといわれている理由です。
これだけではダイエット効果は十分にありますが、本気で痩せたいのであれば、やはりダイエット成分がきちんと配合されたものを選んだ方がいいです。
からだの青汁にはL-カルニチンと呼ばれる脂肪燃焼を促進させる成分が配合されています。

L-カルニチンは栄養をエネルギーに変化させるミトコンドリアまで脂肪を運ぶ役割をしています。
つまり、L-カルニチンが体内に豊富にあると脂肪をどんどん燃やすことができるという訳です。
その結果、脂肪燃焼が活発になり、体内に蓄積されるのを防ぐことができます。
さすがにこれだけを飲んで急激に痩せるのは難しいですが、運動や食事などを組み合わせることによって、効果的なダイエットが行えます。

 

|  燃焼系成分L-カルニチン配合 |  飲みやすい抹茶味 |

 

 

Page top

 

ステラの贅沢青汁
青汁